【65万円でポルシェのオーナーに】修理に40万円でも…とっても楽しいワケについて
(出典 porsche911.xyz)

『65万円でポルシェのオーナーに。修理に40万円でも…とっても楽しいワケ』の記事の要約

値上げラッシュの影響で、欲しいモノが安く手に入る中古マーケットが注目されている。

フリマアプリは手軽に利用できるものの、掘り出し物になかなかお目にかかれない。

そこで今回は、中古ポルシェを得に買う極意をその道のプロに聞いた。

クルマ離れが進むご時世でも、スーパーカーが放つ引力は、褪せることはない。

このカテゴリーには多くの名車が存在するが、最も庶民の手に届きやすいのがポルシェではないだろうか。

YouTubeでお買い得のカーライフを提案しているゴロウ先輩氏は、’98年式のポルシェ986ボクスターを65万円で購入したそうだ。



(出典 i.ytimg.com)

「ポルシェって、たとえ新車で700万円の安いモデルでも、最上位の3000万円のモデルと同じぐらいのスペシャル感がちゃんとある。スーパーカーのドキドキ感を、エントリーモデルでも味わえるのが、フェラーリやランボルギーニと違うところです」ボクスターは、まさにその位置づけで、’96年に市場に投入され、爆発的にヒット。

中古での流通量も多く、古い年式なら100万円台前半が相場。

「もちろん、自分で修理するのは大前提です。中古パーツを仕入れて自力で交換し、業者に任せたものも合わせて、今までかかった費用は40万円ほど。部品も豊富で手に入りやすい。その過程も楽しいし、何より修理の経験を積めるじゃないですか」 購入後に不具合が発覚したため、ヤフオク!

(出典 nikkan-spa.jp)

落札から実際に乗れるようになるまで約半年を要したというが、ゴロウ先輩氏には想定内だ。

「外車を修理して乗るなら、こうしたリスクも加味し、普段使い用に安心の国産車を1台用意しておくといいですよ」たとえ中古でもポルシェが自分のガレージにある……そう思うだけでも、男のロマンというものは最高潮へと達するはずだ。

1.車やパーツを安く買い、修理店で安く直しながら乗る
2.修理費がかさむ前に諦めて手放す見切りも大事
3.手堅い国産車との2台持ちで心の余裕を 【クルマ好きYouTuber・ゴロウ先輩氏】 YouTube「90%OFF CAR LIFE」でリーズナブルな車の楽しみ方を提案。

(元記事の出典:週刊SPA!)

65万円でポルシェのオーナーに。修理に40万円でも…とっても楽しいワケ
…ェをお得に買う極意をその道のプロに聞いた。 市場流通量多めを狙え!65万円でポルシェのオーナーに クルマ離れが進むご時世でも、スーパーカーが放つ引力…
(出典:週刊SPA!)

 

『65万円でポルシェのオーナーに。修理に40万円でも…とっても楽しいワケ』についてTwitterの反応

ジ・オートモーティブ
@carinfobot

65万円でポルシェのオーナーに。修理に40万円でも…とっても楽しいワケ(週刊SPA!) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース https://t.co/G1hPIpJNzc

2022-10-28 20:29:19

(出典 @carinfobot)

まっとしさん
@matt43ystyle

65万円でポルシェのオーナーに。修理に40万円でも…とっても楽しいワケ(週刊SPA!)#Yahooニュース https://t.co/p1fkqUDgu6

2022-10-28 09:35:42

(出典 @matt43ystyle)

週刊SPA!・日刊SPA!
@weekly_SPA

65万円でポルシェのオーナーに。修理に40万円でも…とっても楽しいワケ https://t.co/YAtPNTZB7P

2022-10-28 09:29:48

(出典 @weekly_SPA)

マグロ通信
@zozutown

65万円でポルシェのオーナーに。修理に40万円でも…とっても楽しいワケ(週刊SPA!)… https://t.co/te1Y5uhjK1

2022-10-28 09:06:10

(出典 @zozutown)

FAM8

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
アーカイブ