【オオタニサン効果?】「お~いお茶」売上を急増させた理由とその背景!
(出典 full-count.jp)

伊藤園の「お~いお茶」が2023年5月に異例の売上急増を記録しました。

この背景には、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手とのグローバル契約が大きく影響しています。

本記事では、いわゆる「オオタニサン効果」がどのように「お~いお茶」の売上を押し上げたのか、またその背景について詳しく探ります。

オオタニサン効果とは?

大谷翔平選手は、岩手県奥州市出身のプロ野球選手であり、ピッチャーとバッターの両方で活躍する「二刀流」として知られています。

彼のユニークな才能と圧倒的なパフォーマンスは、メジャーリーグベースボール(MLB)で数々の記録を樹立し、世界中の野球ファンから熱烈な支持を受けています。

大谷選手の影響力は、スポーツ界に留まらず、広告業界やブランド戦略にも大きな影響を与えています。

彼の活躍はメディアを通じて広く報道され、そのたびに大きな注目を集めます。

これが「オオタニサン効果」と呼ばれる所以です。

具体的には、彼の名前や顔が関連する商品やサービスの売上が急増する現象を指します。

この効果は、単なる一時的なブームではなく、持続的な消費者の関心と購買意欲を引き起こす力を持っています。

彼のスポーツマンシップや人間性が多くの人々に好感を与え、信頼性の高いブランドイメージを形成しているのです。

このような背景から、大谷選手とのコラボレーションは、多くの企業にとって非常に魅力的なマーケティング戦略となっています。

大谷翔平「お~いお茶」とのコラボレーション

伊藤園は2023年4月30日に、「お~いお茶」とロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手とのグローバル契約を発表しました。

この契約は、国内外での大規模な広告キャンペーンを含むものでした。

伊藤園は、まず、国内外の新聞60紙に広告を掲載し、さらに国内外85カ所以上の巨大屋外広告を順次展開しました。

この広告キャンペーンの目玉は、もちろん大谷翔平選手の存在です。

彼の知名度と信頼性を活かし、「お~いお茶」のブランドイメージを強化する狙いがありました。

特に、彼の出身地である岩手県を含む東北地方での広告展開は、地域住民に強いインパクトを与えました。

大谷翔平「お~いお茶」広告キャンペーンの詳細

  • 新聞広告:国内外の主要な新聞60紙に大谷選手とのコラボレーション広告を掲載。これにより、幅広い年齢層の読者にアプローチすることができました。
  • 巨大屋外広告:国内外85カ所以上に設置された巨大広告は、大都市の主要な交通拠点や商業施設に掲出され、日常的に多くの人々の目に触れる機会を提供しました。
  • デジタルキャンペーン:SNSやウェブ広告を通じて、特に若年層の消費者にも積極的に情報を発信しました。これにより、オンラインでのブランド認知度も大幅に向上しました。

大谷選手のグローバルな影響力を活用することで、伊藤園は日本国内だけでなく、海外市場にも「お~いお茶」をアピールすることができました。

特に、アメリカ市場では日本茶の人気が高まっており、大谷選手の知名度がその拡販を後押ししました。

大谷翔平「お~いお茶」売上急増の要因

大谷翔平選手とのコラボレーションによる広告キャンペーンは、「お~いお茶」の売上急増に直結しました。

特に注目すべきは、東北地方での異常な売上増加です。

伊藤園の本庄大介社長も、「東北地域での売上伸長は、明らかに大谷選手の効果である」と述べています。以下に、売上急増の具体的な要因を詳しく見ていきます。

東北地域での異常な売上増加

大谷翔平選手の出身地である岩手県を含む東北地域では、「お~いお茶 緑茶」の売上が急激に伸びました。

地元出身のスター選手が広告に登場することは、地域住民にとって大きな誇りとなり、彼らの購買意欲を高めました。

この地域特有の消費者心理が、「お~いお茶」の売上を押し上げた一因です。

全国的な指名買いの傾向

大谷選手とのコラボレーションは、全国的にも「お~いお茶」の認知度と人気を大幅に向上させました。

特にスポーツファンや若年層を中心に、「お~いお茶」を選んで購入する指名買いの傾向が強まりました。

この現象は、ブランドロイヤリティの強化にも繋がり、長期的な売上増加が期待されます。

広告効果の波及

大谷選手を起用した広告キャンペーンは、その視覚的インパクトと話題性により、多くのメディアで取り上げられました。

このため、広告自体がニュースとなり、さらに多くの消費者の目に留まることになりました。

これにより、広告費以上の広報効果が得られたと言えます。

口コミとソーシャルメディア

また、SNSを通じた口コミ効果も見逃せません。

大谷選手のファンや「お~いお茶」の愛飲者が、自発的にキャンペーンに関する情報をシェアし、それが更なる購買行動を促しました。

インフルエンサーや一般ユーザーによる投稿が、商品の魅力を伝える強力なツールとなりました。

このように、複数の要因が重なり合って、「お~いお茶」の売上急増を実現しました。

他のブランドへの影響

大谷翔平選手とのコラボレーションが成功を収めたことで、他のブランドにも波及効果が見られます。

スポーツ選手や著名人とのタイアップは、ブランドの認知度や信頼性を向上させる強力な手段として再認識されています。

ここでは、いくつかの事例を紹介し、その成功の要因を探ります。

成功事例の紹介

  1. ナイキとマイケル・ジョーダン
    ナイキとマイケル・ジョーダンのコラボレーションは、その代表的な成功事例です。ジョーダンブランドは、バスケットボールシューズ市場に革命を起こし、ナイキの売上を

飛躍的に増加させました。ジョーダンの個性的なブランドイメージと卓越したパフォーマンスが、消費者の購買意欲を刺激しました。

  1. アディダスとリオネル・メッシ
    アディダスは、サッカー界のスター選手であるリオネル・メッシとの契約により、サッカーシューズ市場での地位を確立しました。メッシの名声とスキルが、アディダスのブランド価値を大きく高め、同社の売上に大きく貢献しました。

スポーツ選手とのコラボレーションの効果

スポーツ選手とのコラボレーションには以下のような効果があります。

  1. ブランド認知度の向上: 著名なスポーツ選手を起用することで、ブランドの認知度が一気に広がります。選手のファンがそのままブランドの消費者となる可能性が高まります。
  2. 信頼性の向上: スポーツ選手の持つ健康的でアクティブなイメージが、ブランドの信頼性を高めます。消費者は選手が選ぶ商品に対して高い信頼を寄せる傾向があります。
  3. メディア露出の増加: 有名選手とのタイアップはメディアの注目を集めやすく、広告費以上の効果を生むことができます。
  4. 長期的なブランドロイヤリティ: スポーツ選手との長期的な契約は、ブランドロイヤリティを強化し、消費者の継続的な支持を得ることができます。

まとめ

大谷翔平選手との成功例を基に、他のブランドも同様の戦略を採用することが予想されます。

特に、日本国内だけでなくグローバル市場での展開を視野に入れたブランドは、スポーツ選手とのコラボレーションが重要なマーケティング手法となるでしょう。

さらに、SNSやデジタルメディアの活用が進む中で、選手とのコラボレーションはオンラインでも大きな効果を発揮します。

ファンとの直接的なコミュニケーションが可能となり、商品の認知度や売上に直結するキャンペーンが展開できるため、今後も注目されるマーケティング手法となることは間違いありません。

オオタニサン効果による「お~いお茶」の売上急増は、大谷翔平選手の影響力と伊藤園の巧妙なマーケティング戦略が相乗効果を生んだ結果です。

この成功は、スポーツ選手とのコラボレーションがいかに強力なマーケティング手段であるかを示しています。

FAM8

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
【富士山グラスの偽物】『「お前の所がしっかりやっていないから俺が騙された」富士山グラスの偽物が大量流通…本物の会社に苦情殺到「これを作っていると思われたらつらい」』についてTwitterの反応
時事・ビジネス
【富士山グラスの偽物】『「お前の所がしっかりやっていないから俺が騙された」富士山グラスの偽物が大量流通…本物の会社に苦情殺到「これを作っていると思われたらつらい」』についてTwitterの反応
【富士山グラスの偽物】『「お前の所がしっかりやっていないから俺が騙された」富士山グラスの偽物が大量流通...本物の会社に苦情殺到「これを作っ...
アーカイブ